Gadget

ロジクールKX800 MX Keysの感想紹介【打鍵感が最高でシックなキーボードです】

こんにちはワンです。
>>Twitter(@wan_wanblog)

昨今のテレワークの普及で家にあるPC周りの機器にも少し良いものを揃えたいという方が増えてきたそうです。実は僕もその中のひとりで、最近キーボードを新調しました。

今回の記事では僕が買ったLogicoolロジクールから発売のKX800 MX Keys』を使ってみた感想を紹介していきます。実際に今、この記事もKX800を使って書いています。

ネタバレですが、KX800は打鍵感が最高のパンタグラフキーボードです。

皆さんがこのキーボードを使うメリットは

  • タイピング量が多くても手が疲れづらい
  • Windows/Mac両方に使えるから1つのキーボードで完結する
  • アプリでカスタマイズできるから自分好みのキーボードにできる
  • シックなデザインでPC周りをカッコよくできる

ざっとこんな感じです。

個人的に今まで使ってきたキーボードの中で1番使いやすいと思っています。かなりおすすめできる一品です。

KX800 MX Keysの感想

感想をまとめると下記です。

  • 軽すぎず、重すぎない適度な打鍵感が最高
  • くぼみがあるキーで感覚的にタイピングができる
  • 手に反応するバックライトがカッコよくてテンション上がる
  • カスタムできるアプリケーション機能が便利
  • グラファイトカラーのシックなデザインでカッコいい
  • ロングバッテリーで充電の心配なく使っていられる

それではKX800の商品概要と共に機能を見ていきましょう。

KX800 MX Keysの概要

仕様

大きさや重さ、保証などの仕様を簡単にまとめると下記のようになります。

本体外観・性能

本体全体


テンキー付きのフルキーボードで、軽いタッチでキーが押せるパンタグラフキーが採用されています。本体カラーはグラファイトでPC環境を引き締めるようなシックな色合いになっています。

大きさは縦13cm×横43cmで一般的なフルキーボード大差ありません。高さは約2cmで薄型、横からみると少し傾斜がついているのが分かります。この2cmの傾斜が絶妙にタイピングしやすい角度設計となっています。


背面には長めのゴムが6カ所ついているため、デスクの上で少し強めのタイピングをしても滑らないようになっています。重さも適度にあるのでデスク上でしっかり設置できる仕様になっています。

文字キー部分

キーは打鍵感が軽いパンタグラフ式ですが、打鍵感が軽すぎず、重すぎることもない、最高の打ち心地になっています。
仕事などで長時間のタイピングをする方は迷わず購入しても良いと思います。


また、キーのすべてにPerfect Stroke(パーフェクトストローク)という球状にくぼんだキーが採用されています。これによりキーをタッチした時に余計な力をかける必要がなく、指先の感覚そのままにタイピングすることが可能となっています。

僕はこれのおかげでミスタイプが減りブラインドタッチがしやすくなったように感じています。

 

KX800には「スマートイルミネーション」呼ばれるLEDバックライトが内臓されています。
あくまで装飾的な役割が高い部分ですが、手を近づけると自動で点灯、離すと消灯するのでメカニックでカッコいいです。

バックライトの明るさは「F6」「F7」キーで無点灯から7段階の調整が可能です。

キー配列

キー配列の特徴として、WindowsとMac両方での使用を可能とするため、キーボード左下にWindowsキーとMacのCommandキーが横並びになっています。


同じ理由でOptionキーとControlキーが兼用になっており、OSを切り替えてもKX800の1台で使えるようにするための工夫がされています。

慣れるまでは少し使いづらさを感じるかもしれませんが、3日も使っていれば慣れてくるので大丈夫です。

また、PC1台だけでなく複数のPCやタブレットとペアリングさせるためにEasy-Switchキー呼ばれる特殊なキーが搭載されています。

最大3台までのデバイス間の切り替えが可能で、ペアリングする際は付属のUSBアダプタを使用した接続でも、BluetoothでもどちらでもOKです。
複数のデバイスでさくっと同じキーボードが使えて快適です。

電源ボタン・充電

電源ボタンと充電のタイプCポートは、キーボード右側面に搭載されています。電源はスライドで簡単にオンとオフができるので、使わない時は電源を切ってバッテリーを節約することができます。

充電が必要な際には、付属のタイプCケーブルを使用して電源に接続することで簡単に充電することが可能です。KX800は内臓バッテリーを搭載しており、一度のフル充電で最大5ヶ月使い続けることができます。

かなりのロングバッテリーなので充電残量を気にせずに使えるのは嬉しいですね。
ちなみにバッテリーが少なくなると接続しているデバイスに通知が表示されるので便利です。

アプリでカスタマイズ

KX800 MX Keysは専用アプリのLogicool Options」というソフトウェアで自分好みのキーボードにカスタマイズすることができます。

例えばキー配列の変更による『ボタン割り当て』
ひとつのキーを押すだけで設定したExcelを起動させたり、シャットダウンさせたりすることが可能になります。いつも使うアプリケーションがパパっと使えるようになるので便利な機能です。


また、バックライトや通知の設定でキーボード機能の以外の取捨選択ができるのでお好みに合わせたオリジナルキーボードにしていくことができます。


Logicool Options」を使って、KX800 MX Keysをその時々に合わせた都合の良いキーボードにしていくことができます。

おすすめできる人

KX800 MX Keysのメリットの恩恵を受けやすい人は下記だと思います。

  • タイピング量が多い人(疲れづらい打鍵感)
  • ブラインドタッチをする人(指先の感覚でタッチできるキー構造)
  • WindowsとMacの両方を使う人(両OSに対応したキー配列)
  • 使うアプリケーションが多い人(カスタマイズでボタン割り当てができる)
  • PC周りをカッコよくスマートにしたい人(グラファイト基調のシックなデザイン)

おすすめできない人

反対におすすめできない人は下記です。

  • US配列のキーボードを使いたい人
  • テンキーレスのキーボードが良い人
  • 持ち運びを考えてる人

正直、KX800の性能からして上記の方々にはおすすめができません。
それぞれに合ったおすすめのキーボードのリンクを貼っておきます。

・US配列のキーボードを使いたい人

・テンキーレスのキーボードが良い人

・持ち運びを考えてる人

KX800 MX Keys感想まとめ

冒頭でも書きましたが感想をまとめると下記です。

  • 軽すぎず、重すぎない適度な打鍵感が最高
  • くぼみがあるキーで感覚的にタイピングがしやすい
  • 手に反応するバックライトがカッコよくてテンション上がる
  • カスタムできるアプリケーション機能が便利
  • グラファイトカラーのシックなデザインでカッコいい
  • ロングバッテリーで充電の心配なく使っていられる

個人的に今まで使ってきたキーボードの中で1番使いやすいと思っています。
値段は少しお高めですが納得の性能でかなりおすすめできる一品です。
皆さんにも是非使って頂きたいと思います!

KX800 MX Keysをお得に買う方法

KX800 MX Keysを買うならAmazonチャージ』での購入がお得になると思います。
「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法ですが通常の購入と違い下記のメリットがあります。

  • 初回チャージで1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

1回のチャージ金額とプライム会員かどうかで還元率が変わる仕組みですが、現金やクレジットカードで支払うよりポイントがお得なので使わない理由がありません。


是非、活用してみてください。

というわけで今回は以上です。

質問等はお気軽にTwitterからお願いします。
>>WAN(@wan_wanblog)

ご閲覧ありがとうございました。

RELATED POST