Home electronics

ロボット掃除機 Kyvol E30をレビュー【ルンバ上位モデルに負けない性能です】

こんにちはワンです。
>>ワン(@wan_wanblog)

半年ほど前のことになりますが、1Kの家から現在の1LDKに引っ越しをしました。

その際にロボット掃除機の購入を考えたのですが「ルンバ」などの有名メーカー品は高い。初めて買うロボット掃除機だし、お試し気分で価格とレビューで選んだ「Kyvol E30」がかなり有能だったのでレビューしていきます。

ネタバレですが、Kyvol E30はルンバ上位モデルに引けを取らない性能のロボット掃除機です

Kyvol E30を使うメリットは

  • 床やカーペットが毎日綺麗にできる
  • ソファーの下など面倒な場所でも掃除させられる
  • 外出していても遠隔操作で掃除されられる
  • お手入れが簡単で楽に使える
  • シンプルなデザインで使いやすい

ざっとこんな感じです。

弱点もありますが、賢い掃除機なので毎日の家事が楽になること間違いありません。

ロボット掃除機 Kyvol E30の使用レビューまとめ


結論からまとめると下記です。

  • 抜群の吸引力で床やカーペットをまんべんなく丁寧に掃除してくれるから家事の手間が省ける

  • 薄型だからソファーなど、手間がかかる箇所まで掃除してくれて便利

  • 部屋の広さによって稼働時間を決めて終わったら自動帰還してくれるから充電の心配なし

  • ダストボックスの手入れも簡単で衛生的

  • アプリで掃除の時間予約、遠隔操作ができるから外出している間に家が綺麗になる

  • 丸形でボタンは最低限、シンプルなデザインが可愛い

ロボット掃除機の中では安価にも関わらず、満足できる機能がたくさん搭載されています。
それではKyvol E30の仕様と共にそれぞれのレビューを見ていきましょう。

Kyvol E30の概要

「Kyvol」は中国発のハードウェアベンチャー、VANKYOが展開するブランドです。
VANKYOは日本ではまだあまり知られていませんが、世界ではプロジェクターやイヤホンなどが有名で、アメリカのAmazonではプロジェクター部門で1位の売り上げ実績があります。

そんなVANKYOが展開するKyvol E30は、2万円台ながらジャイロセンサーによるマッピングと自動帰還機能を備えたモデル。つまり、効率的な往復移動を自動的に行うので、短時間で掃除ができるロボット掃除機です。

仕様

大きさや重さ、吸引力などの仕様を簡単に表にまとめました。

本体外観・性能

本体全体


Kyvol E30は、直径約33cmの丸形で高さは約7cmとなっています。
有名なルンバと比較すると直径、高さともに2cmほど小さく作られており、このコンパクト設計でソファーの下など普段の掃除では手が届きづらい場所まで掃除してくれます

色は白と黒の2色展開です。どちらもシンプルで高級感があるデザインになっているので、どこに設置しても馴染むように作られています。

マッピング機能・自動帰還機能


Kyvol E30にはジャイロセンサーによる『マッピング機能』が搭載されています。

多くのロボット掃除機は「ランダム走行」という部屋の中をランダムに動き回り、時間で区切って掃除を終了させます。これに対し、「マッピング機能」搭載のKyvol E30は、掃除した場所を記憶しながら効率的な往復移動を行うので部屋中、まんべんなく掃除することができます。

また、Kyvol E30がマッピング機能で部屋すべての掃除が完了したと判断すれば、自動的に付属のホームスポットに帰還して、次の稼働に向けて充電を開始します。

マッピング機能と自動帰還機能の両搭載は、ルンバの現行品だと「eシリーズ」という上位機種にしかないため、2万円台でこの機能の充実さには驚きました。

衝突防止センサー

 

本体前面には、衝突防止センサーが搭載されており、部屋にあるインテリアや人に接触しないようになっています。センサーが感知が甘く接触することもありますが、ぶつかる寸前で減速して優しいタッチで「こつん」と当たる程度なので心配いりません。

段差乗り越え機能


背面にはタイヤが3つ(前輪1と後輪2)搭載されています。この後輪の直径が約7cmと大きいためカーペットや部屋の仕切りの段差、約1.5cmまでであれば乗り越えることが可能です。

ちなみにKyvol E30に進入されたくない部屋や場所がある際は、付属の「境界線テープ」を置くことでKyvol E30が進入を防止することができます。我が家でもTV裏やお風呂場の入り口に設置して進入禁止にしています。

吸引力とかんたんなお手入れ


Kyvol E30は、最大2800Paの強力な吸引力でゴミを吸ることができ、吸い取ったゴミすべては本体背面の大容量ダストボックスに収納されます。このダストボックスは最大600mlのゴミを溜めておけるので、頻繁に中身を捨てる必要はありません。

また、ゴミを捨てる際も本体から1タッチで取り出しだダストボックスを開くだけなので、簡単にゴミ捨てが完了します。水洗いもできるので衛生的に長く使うことができます。

注意点:ゴミ捨てでダストボックスを開く際、勢いよく開けると細かいほこりが飛び散ることがあるので注意が必要です。僕はゴミ袋の中で開くようにしています。

吸引力自動調整機能


Kyvol E30の吸引力には一番弱いレベル1~3までの3段階あります。
これは付属のリモコンや、後述のアプリから変更可能となっていますが、カーペットや畳など吸引がしずらい場所ではKyvol E30が自動的にレベル3(一番強い吸引力)に切り替わる機能が搭載されています。

大容量バッテリー

1回のフル充電で最大150時間稼働できる内臓の3200mAhバッテリーを搭載しています。
自動帰還機能があるので充電に困ることはないと思いますが、これだけ大容量のバッテリーなら一軒家でも安心ですね。

アプリを使ってできること

Kyvol E30には専用のアプリケーション「Kyvol」があります。
このアプリとKyvol E30を連携させると、これらのことができるようになります。

  • 遠隔操作
  • 現在地の確認
  • 予約
  • 吸引力の調整
  • 消耗品の耐久度確認
  • 掃除記録の確認

遠隔操作

スマートフォンからKyvol E30の稼働開始、停止ができるようになります。
スマホがあればどこでも操作できるので、外出時でも家の掃除させることができます。

現在地の確認

Kyvol E30のマッピング機能を利用して、今どこを掃除しているか確認することができます。

予約

曜日、時間ごとに稼働開始の予約をすることができます。

僕はこの機能をかなり活用していて、平日は外出していることが多い14時頃から毎日予約稼働させています。

吸引力の調整

吸引力をレベル1~3までで調整可能となっています。初期設定はレベル2になっています。

カーペットなど、吸引がしずらい場所を掃除する際には自動的にレベル3に切り替わるので、こだわりがなければ初期設定のままで大丈夫だと思います。

おすすめできる人

Kyvol E30のメリットの恩恵を受けやすい人は下記だと思います。

  • 家を空けることが多い人(予約・遠隔操作・自動帰還機能)
  • 普段の掃除でソファーの下など低い場所までできない人(7cmのコンパクト設計)
  • カーペットや畳までしっかりと掃除させたい人(吸引力自動調整機能)
  • こまめに手入れするのが面倒な人(大容量ダストボックス)

おすすめできない人

反対におすすめできないのは下記です。

  • 1.5cm以上の段差があるご自宅の人
  • 床に置いてある物が多い人

忖度とかでなく本当にこのくらいしか「おすすめできない人」はいないと思います。

まとめ

冒頭でも書きましたがレビューをまとめるとこんな感じです。

  • 抜群の吸引力で床やカーペットをまんべんなく丁寧に掃除してくれるから家事の手間が省ける

     

  • 薄型だからソファーなど、手間がかかる箇所まで掃除してくれて便利

     

  • 部屋の広さによって稼働時間を決めて終わったら自動帰還してくれるから充電の心配なし

     

  • ダストボックスの手入れも簡単で衛生的

     

  • アプリで掃除の時間予約、遠隔操作ができるから外出している間に家が綺麗になる

     

  • 丸形でボタンは最低限、シンプルなデザインが可愛い

ロボット掃除機の中では安価にも関わらず、ルンバ上位モデルに引けを取らない性能を揃えています。
かなりおすすめできる一品なので、皆さんにも是非使って頂きたいと思います!

Kyvol E30をお得に買う方法

Kyvol E30を買うならAmazonチャージ』での購入がお得になると思います。
「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法ですが通常の購入と違い下記のメリットがあります。

  • 初回チャージで1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

1回のチャージ金額とプライム会員かどうかで還元率が変わる仕組みですが、現金やクレジットカードで支払うよりポイントがお得なので使わない理由がありません。


是非、活用してみてください。

というわけで今回は以上です。

質問等はお気軽にTwitterからお願いします。
>>WAN(@wan_wanblog)

ご閲覧ありがとうございました。

RELATED POST