Gadget

一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーター5選【1万円以下で購入できます】

こんにちはワンです。
>>Twitter(@wan_wanblog)

この記事では「一人暮らしでWi-Fiルーターを購入しようと考えている人」

  • 自分に合ったWi-Fiルータが知りたい
  • 使い勝手は良い物は欲しいけど一人暮らしだからオーバースペックなものはいらない
  • コンパクトなモデルが欲しい

という要望に応えて『一人暮らしにおすすめのWi-Fiルーター』を紹介します。

僕自身の5年間の一人暮らし経験と、前職でのメーカー勤めの経験を踏まえてアイテムを選定しました。

なお最初に少しだけ注意点があります。

【注意点:記事は完璧じゃないです】

言うまでもなく、記事は完璧ではないです。

僕が実際に使ってみて思うことや知識の範囲内での話になってしまいます。まだ使ったことがないルーターも多いです。つまり、見落としもあるので参考までにお願い致します。
ただ、メーカー社員時代には家電販売店でルーターを売っていた経験もあります。

その中で選ばれし5機種なので買って後悔するものではないと思います。

一人暮らしにおすすめのルーター5選【1万円以下】


早速おすすめのルーターを紹介していきます。
一人暮らし向けなのでオーバースペックにならないようAmazonで1万円以下に設定しました。

  1. エレコム:WRC-2533GST2(スマホやPCなど通信機器を同時接続する人向け)
  2. バッファロー:WSR-1800AX4S/NBK(Webミーティングや高画質動画視聴など通信容量が多い人向け)
  3. バッファロー:WSR-1166DHPL2/N(Wi-Fiをあまり使わない人向け)
  4. NEC:PA-WG1200HS4(コンパクトでスペースを取りたくない人向け)
  5. TP-Link:AC1200 1ユニット(今後、広い家に引っ越す予定がある人向け)

それぞれ理由を解説していきます。

①エレコム:WRC-2533GST2


一人暮らしの中でも特に「スマホやPCなど通信機器を同時にWi-Fi接続する人」におすすめしたいのが、エレコムのWi-Fi5ルーター『WRC-2533GST2です。
理由はアンテナの通信性能にあります。

WRC-2533GST2の内臓アンテナには、TVのパラボラアンテナを製造する老舗アンテナメーカー”DXアンテナ社”の技術が搭載されています。これにより、従来のルーターではできなかった360°全方位での電波通信の実現に成功し、より安定的で効率的な通信が可能となっています。

つまり、スマホやPCなどの通信機器を複数台同時に接続させてルーターに負担をかけても、電波が安定しているのでインターネットの通信遅延が起きづらいという性能を持ちます。

また、トレンドマイクロとコラボしたセキュリティールーターの機能も持っており、購入してから5年間であれば無償でルーター経由のウィルスを撃退してくれます。PCやスマートフォンだけでなく、IoT家電にまで有効なのでこの1台で手広くウィルス対策をすることができます。

僕もそうでしたが特に一人暮らしの学生にとって、ウィルス対策のソフトウェアは少しお高めだと思います。このWRC-2533GST2であれば無償でウィルス対策ができるので財布に優しいですね。

WRC-2533GST2は下記の記事で「安定性や通信速度、初期設定まで」レビューしています。

Network
【実演】Wi-Fi6と5ルーター性能・速度・安定性比較【おすすめ機種5選】Wi-Fi6って聞くけどなにがいいんだろう?Wi-Fi5とは何が違うの?Wi-Fiルーター新しいものに買い替えたいけど何を選べばいいかわからない。こういった疑問に対して、実際に比較したデータをお見せしながら回答していきます。この記事を読めばWi-Fi6と5の違いを理解して”自分自身に合った1台”を選ぶことができます。...

バッファロー:WSR-1800AX4S/NBK(Wi-Fi6)

「Webミーティングや高画質動画視聴など通信容量が多い人向け」におすすめなのが、バッファローのWi-Fi6『WSR-1800AX4S/NBKです。
理由は「Wi-Fi6通信が可能であるから」です。

Wi-Fi6とは、①で紹介したWi-Fi5ルーターと比較して、およそ4倍~10倍もの高速通信を可能にした新しいWi-Fi規格です。
※これはあくまで理論値の話なので使用する環境によって数値の前後はします。

それでもWi-Fi5と比べてサブスクで動画を見る時もテレワークをするときも「ネットが重くてフリーズする」というストレスはかかりづらいです。

また、価格も8000円台なのが魅力です。Wi-Fi6ルーターの中ではエントリーモデルなので一人暮らしで使いやすい性能になっています。

個人的には、もし「①エレコム:WRC-2533GST2」と「②WSR-1800AX4S」で迷ったら、WSR-1800AX4Sをおすすめします。価格は2500円ほど高いですが、WSR-1800AX4SはWi-Fi6の高速通信と複数台通信機器の接続にも耐えれる仕様になっているからです。大は小を兼ねるイメージだと思ってください。

Wi-Fiルーターは買ってから5年くらいは使えますし、自宅にいる間はほぼ毎日使うことになると思うのでインターネット環境でストレスを感じたくない方にはWSR-1800AX4S/NBKはコスパの良い買い物になると思います。

③バッファロー:WSR-1166DHPL2/N


Wi-Fiをあまり使用する機会がない。使ってもスマホだけという方にオススメなのがバッファローのWi-Fi5ルーター『WSR-1166DHPL2/Nです。
理由は「コストパフォーマンスの良さ」です。

価格は3000円台ながら、Wi-Fiルーターで18年連続国内シェアNo.1のバッファローが発売しているのでアフターフォローまで安心してお使い頂けます。

初期設定も接続設定もQRコードやアプリからスマホだけで出来るので、初めてのルーターとして最適なモデルだと思います。

僕が一人暮らしをしていた時に使用していたのもWSR-1166DHPL2/Nと同性能帯の機種でした。1K6.5畳くらいのスペースで、スマホとPCだけであれば不自由なく使うことができていたので、コスパ重視の方にはおすすめできます。

NEC:PA-WG1200HS4


一人暮らしでルーターを置くにもあまりスペースを伝いたくないという方におすすめなのが、NECのWi-Fi5ルーター『PA-WG1200HS4です。

外形寸法が約33(W)×97(D)×146(H)mmと、据え置き型のWi-Fiルーターの中ではトップレベルでコンパクトなので置く場所に困ることはなさそうです。

性能的には③の「WSR-1166DHPL2/N」と大きく変わりないです。ただやはり、NEC製のルーターということでNEC、Lenovo製の PCをお持ちの方は相性が抜群なので特におすすめです。

TP-Link:AC1200 1ユニット

「今後引っ越しで今より広い家に住む予定がある人向け」におすすめなのが、TP-Link社のメッシュルーター『AC1200 1ユニットです。
理由は「拡張性に優れているから」です。

AC1200は、メッシュルーターではありますが「1ユニット=親機のみ」で使えば普通のWi-Fiルーターとして使用が可能です。

例えば、一人暮らしの時は1ユニットだけをWi-Fiルーターとして使用して、広めの家に引っ越した際に子機用でもう1ユニットを購入すれば、2ユニットでメッシュネットワークを構築することができます。

つまり、ユニットの数を増減させれば様々な間取りの空間に対応していけるという拡張性があります。
学生や単身赴任のように期間が決められた一人暮らしの場合なら、期間が終わり新しい環境になっても柔軟に使い続けられるTP-Link AC1200を検討してみてはいかがでしょうか。

メッシュルーターの紹介

メッシュWi-Fiのメリット3選&購入するべき5つの基準を解説【ネット環境最高になります】メッシュWi-Fiルーターを購入しようかと考えている人 ・家電量販店行ったらメッシュWi-Fiルーターをおすすめされたけど、いったい何が良いのかわからない。 ・他のWi-Fiルーターと比較して高価だけどホントに我が家に必要なの? という疑問に答えていきます。...

おすすめルーターをお得に買う方法

この記事で紹介したおすすめルーターを買うならAmazonチャージ』での購入がお得になると思います。
「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法ですが通常の購入と違い下記のメリットがあります。

  • 初回チャージで1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

1回のチャージ金額とプライム会員かどうかで還元率が変わる仕組みですが、現金やクレジットカードで支払うよりポイントがお得なので使わない理由がありません。


是非、活用してみてください。

というわけで今回は以上です。

質問等はお気軽にTwitterからお願いします。
>>WAN(@wan_wanblog)

ご閲覧ありがとうございました。

RELATED POST