Gadget

【シーン別】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ5選【絶対に後悔しません】

こんにちはワンです。
>>ワン(@wan_wanblog)

僕は前職で東証一部のメーカー社員として、約3年間働いていました。

ユーザーの方から頂く質問で多かったのがこちら。

「完全ワイヤレスイヤホンのおすすめは何ですか?」

今や通勤通学の電車内を見てみると有名なAirPodsをはじめ完全ワイヤレスイヤホンしている人ばかりですよね。

今回はこの疑問点に対して、シーン別におすすめイヤホンを紹介していきます。

なお最初に少しだけ注意点があります。

【注意点:記事は完璧じゃないです】

言うまでもなく、記事は完璧ではないです。

僕が実際に使ってみて思うことや知識の範囲内での話になってしまいます。まだ使ったことがないイヤホンも多いです。
つまり、見落としもあるので参考までにお願い致します。
ただ、安い物から高級なものまで色々なイヤホンを試してきました。

その中で選ばれし5機種なので買って後悔するものではないと思います。

シーン別 完全ワイヤレスイヤホン5選まとめ

記事の題名の通りですが、まとめるとこちらです。

順番に解説していきます。

①通勤通学中:AVIOT「TE-D01m」

通勤通学中にオススメなのがAVIOTの完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01m」です。
理由はペアリングの途切れづらさ。

通勤通学中の電車やバスの中では多くの人がイヤホンを使用しています。すると、イヤホン同士の電波が干渉していまい左右のイヤホンのペアリングが途切れがちになってしまいます。

これによる音切れってかなりストレスですよね。。。

しかし、この「TE-D01m」ならAVIOT特有の左右のイヤホンそれぞれが独立してスマホに接続されるペアリング技術により、音切れを限りなく軽減されています。

またポロリと落としづらい高い装着感を追及されたデザインになっているので人混みでも安心して装着できるのがポイントです。

②運動中:SONY「WF-SP800N」

運動中にオススメなのがSONYの完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP800N」です。
理由は「スポーツに特化した設計」であることです。

WF-SP800Nにはスポーツシーンに合わせて選択できるノイズキャンセリング機能、外音取り込み機能が搭載されています。

例えば室内でのトレーニングではノイズキャンセリング、野外でのランニングでは外音取り込みで周囲環境音もしっかり聞こえるようにできます。

ペアリングしたスマホで専用のアプリを使用すると、止まっている時/歩いている時/走っている時/乗り物に乗っている時/の4パターンを検出して、自動的にノイズキャンセリングと外音取り込み機能を切り替えることもできます。

この自動切り替えは本当に便利ですね。僕の場合、ジムでランニングしている時はノイズキャンセリング、ウエイトトレーニングの時は危険が伴うので外音取り込みを使いたいのですが、たいてい切り替えを忘れるので自動切り替えに助けられています。

さらに本体バッテリーで最長9時間の連続再生が可能だから長時間のトレーニングでも安心です。IP55相当の防水・防じん性能も備えているため、汗をかいても雨に濡れても心配不要です。

まさに運動用に設計されたイヤホンなので使い勝手は最高だと思います。

③WEBミーティング:Apple「AirPodsシリーズ」


WEBミーティング、通話にオススメなのが有名なAppleの「AirPodsシリーズ」AirPodsProAirPods(第2世代)です。
理由は「圧倒的なマイク性能」にあります。

現在発売されているイヤホンの多くはマイク付きとなっています。
ただ実際に使ってみると声が小さくなる。割れる。周囲の音ばかり拾ってしまって声を拾わないなんてことよくあります。

その点、AirPodsシリーズなら心配ありません。Apple独自の高性能マイクで実際に電話で話しているのと変わらないくらいクリアに声が聞こえます。

僕の知り合いで大手家電量販店Yのオーディオ担当者が、「マイクでAirPodsに勝てるイヤホンはない」と断言するほどです。

AirPodsシリーズを使ったハンズフリー通話や会議に慣れてしまうともう手放せなくなります。

¥18,576 (2021/06/19 00:24時点 | Amazon調べ)

④家事中:Apple「AirPods」


家事中のママさん、パパさんにオススメなのが2回目の登場Appleの「AirPods(第2世代)」です。

理由は「オープン型で自然に周りの音を聞くことができる」からです。

ここでご紹介したいのは「AirPods(第2世代)」であり「AirPods Pro」ではないのでご注意ください!

家事をする時、カナル型のイヤホンをしてしまうと耳が密閉されてしまい子どもが泣いてるのに気がつかなかった!なんてことになってしまいます。

外音取り込み機能を使えばこの事態は防げるかもしれませんがより確実に周囲の音を聴きつつ楽曲を楽しむためにオープン型のイヤホンであるAirPods(第2世代)が断然オススメです。

また、家事をしつつ電話で友達と話したいという場合でもAirPodsならマイク性能が優れているのでストレスなくハンズフリー会話が楽しめるのが良いですね。

¥18,576 (2021/06/19 00:24時点 | Amazon調べ)

⑤音楽鑑賞:ゼンハイザー「MOMENTUM True Wireless2」


音楽を楽しむ時にオススメなのがゼンハイザーの「MOMENTUM True Wireless2」です。

理由は「圧倒的なサウンドクオリティ」です。

ゼンハイザーはドイツで75年の歴史を持つ音響機器の会社で、プロ向けワイヤレスマイクロフォンの分野でも世界的に定評があり、音楽制作現場や映画制作現場で使われています。
そんな世界的音響機器メーカーが「音質に妥協はいらない」という想いで作り出したのが「MOMENTUM True Wireless2」です。

今回紹介する商品の中では最も高価なものですが、音楽に対して素人の私でも分かるくらいクオリティはズバ抜けています。

歌手が耳元で歌ってくれてる?って思うくらいでした。低音の迫力、高音の繊細さ全てが完璧に近いと言えます。

完全ワイヤレスイヤホンで音質にこだわりたいならオススメできる一品です。

というわけで今回は以上です。
【シーン別】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ5選を紹介しました。

質問等はTwitterからお願いします。
>>ワン(@wan_wanblog)

ご閲覧ありがとうございました。

RELATED POST